あおり運転対策に!ステップワゴン後方ドライブレコーダー付近にLEDをつけてドラレコの存在を後続車にアピール

あおり運転対策に!ステップワゴン後方ドライブレコーダー付近にLEDをつけてドラレコの存在を後続車にアピール

煽り運転が厳罰化されても未だに車間距離を詰めて走行する車・バイクをよく見かけます。
我が家のステップワゴンも後方にドライブレコーダーをつけていますが、
後続車へドライブレコーダーの存在をアピールするため点滅するLEDを自作し、後方ドライブレコーダー付近に取り付けました。
少しでも抑止につながることを期待したいですが効果はあるのでしょうか…。

ドライブレコーダーはリアガラスへの貼り付けではなく、リアゲート横の金属の枠部分に取り付けています。
普段はわくわくゲートで開閉することがほとんどなのでこの設置方法で邪魔になることはなく、それなりに撮影できています。

冒頭の映像に出てくる道路は制限速度40km/hです。
住宅街のため飛び出しなどにも注意しながら制限速度内で走っていますが、
万が一こちらが急ブレーキをかけるようなことがあれば後ろのスーパーカブ110は確実に追突する距離です。
その後も信号待ちの車列の左から右から縫うように車を追い越しつつ去って行きました。

車:ホンダ ステップワゴンスパーダ RP3(2015年式)
後方ドライブレコーダー:コムテック ZDR-012

煽り運転カテゴリの最新記事